The BioCommunity Future Creation City Nagaoka

  • ツイッター
  • フェイスブック

未利用魚活用プロジェクト

未利用魚活用プロジェクトの概要

長岡市の寺泊港では、年間で約317トンの魚介類が水揚げされています。しかし、この魚以外にも実はたくさんの魚が獲れていることを皆さんご存じでしょうか。「世界漁業・養殖業白書 2020年」では、全ての漁業において、漁獲する全ての魚の約3割は活用されていない状態にある、と記されています。
「サイズが小さい」、「見た目が悪い」、「食べ方が分からない」…などの理由から、せっかく獲れたのに漁の途中で海に戻され、活用されていない魚を「未利用魚」といいます。
この未利用魚を「限りある海の資源」として無駄なく消費するだけでなく、地域の新たな魅力として有効活用し、再生可能なカタチでの資源利用の連鎖・循環を起こそうという動きが「未利用魚活用プロジェクト」です。

 

未利用魚活用プロジェクト1未利用魚活用プロジェクト1

Please scroll Page top